テュルク&モンゴル

ethnos.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 22日

フルマ -トルコ在住ウイグル人からの返信-

S.T.様

お久しぶりです。ご連絡をありがとうございます。

Nさんに預けたのはアラビア語で「フルマ Hurma」と言い、トルコ語でもフルマ、ウイグル語ではホルマといいます。
アラーが人間のために地球上で創って頂いた食べ物の中で、栄養成分が揃っている完璧な栄養です。74種類の栄養があり、水とそれがあれば、健康で一生生きていける。その効果も、お体の栄養の調整を自動的に行い、様々な病気に効くようです。
フルマは中国語で言うと「蜜なつめ」ですが、サウジアラビアの各地で種類が取れる。あなたに送ったのはメディナ産で、水分が少なく、もっとも甘い種類です。サウジのフルマの中で上流。フルマは副作用がありませんので、安心して召し上がってください。赤ちゃんから150歳までOK。

近かったら、もっと送りたかったけど、預けようとしても税関が怖いとか、麻薬が怖いとか言って、持っていってもらえないことがよくあるのですが、Nさんだけにちょっと預けることができました。
これからもチャンスを狙って送ります。

食べ方ですが、そのまま食べるのが一般的ですが、ほかの料理の中に入れて食べても良い。熱い料理などに入れるとお粥みたいに解けてしまい、味も解けるので、ほかの食べ物と口の中で混ぜて食べたほうが良いと思います。そのままでももちろん良いし。

メッカにはザムザム(Zamzam,もしくは Zemzem)というメッカの特別な、ばい菌のない水があり、世界でそこしか取れない。その水も色々な病気に効きます。ほかのところで取れない水、アラーが使者に与えた水で、巡礼に行く人々はお土産にザムザムとフルマを持って世界各地に帰る。

ラマダンも一昨日で終わり、昨日からお祭りに入っております。東トルキスタン人の皆さんの家に訪ねあい、昨日一日中歩き回りました。今日はあなたが知っていらっしゃるゼイティンブルヌに行き、そちらに住んでいる皆さんの訪問をしてまいります。団体で。

お体に気をつけてください。
ご健康とご多幸を心よりお祈りしております。

では、また。

E   2010年9月10日


[補足]
(1) フルマ(hurma):トルコではナツメヤシの木や実をフルマというが、柿の木や実もフルマという。
 ○ hurma
 ○ -フルマ hurma-
 ○ “hurma”の画像検索結果

(2) 蜜なつめ:ナツメヤシ(ヤシ科)とナツメ(クロウメモドキ科)は別種の植物。日本や中国で入手できる「蜜なつめ」はナツメの一種またはその加工品で、フルマとは別物ではないか?
 ○ なつめやしとなつめ 
 ○ 蜜なつめ 
 ○ ”蜜棗”の画像検索結果 

(3) ザムザムの泉:サウジアラビアにある聖地マッカ(メッカ)のマスジド・ハラームにある泉
 ○ ザムザムの泉 
 ○ ザムザムの泉 -イブラヒームの試練-
[PR]

by satotak | 2010-09-22 19:52 | トルコ